中古マンションを購入しました。

結婚したばかりの時は、夫婦二人でこじんまりとした木造アパートを賃貸として住んでいました。
第一子が誕生してからもしばらくは、その木造アパートに住んでいたのですが、赤ちゃんの泣き声が周囲の部屋の人に迷惑をかけていると思い引越しをすることにしました。

 

子供の声が多少しても周りの人に迷惑がかからないように、木造ではなく、軽量鉄骨造のマンションに引越しました。
この時もまた賃貸として借りていたのですが、木造アパートに比べて賃料が高くて生活費が毎月カツカツでした。

 

しかしながら、第一子が小学校にあがったころから、妻が子供が小学校に通っている日中パートに出て働きはじめてくれたので、家計に少しずつゆとりが生まれるようになってきました。
そんな時妻が第二子を妊娠しました。

 

さすがに今のマンションでは手狭になってきました。
そして毎月賃貸として賃料を払っていくことももったいないと感じるようになってきたので思い切って中古マンションを購入しました。

 

中古ながらも自分のマイホームが持てたことは想像以上に嬉しく、また自分の所有物になったので好きにリフォームできて、家族みんなが快適に暮らせる住まいになったのです。
妻は最近自分で壁紙を張り替え楽しんでいました。


ホーム RSS購読 サイトマップ